Twitterのアカウントロックが解除されなくて困っている(後に解除出来ました)

ツイッターのアカウントロックは何度か遭っています。

正しい原因はわからないのですが、

Twitter側から送られてくるメールに書いてあるアカウントロックになった原因は

自動化動作が見られるというTwitterルール違反です。

一回目は電話番号認証を使って解除して、携帯電話番号を入力してしまったアカウントは身バレリスクなど、なんとなく使いたくないのでロックを解除した後にアカウントを削除しました。入力した電話番号は削除出来るんだけど、それでもやはり気になるので。

二回目は、一回目とは別のアカウントでアカウントロックになり、今度は電話番号認証なしで解除出来るという情報を予め知っていたので、お問い合わせから解除出来ました。お問い合わせからアカウントロックを解除して欲しいと送信した後にTwitterから届いたメールに、アカウントロックを解除して欲しいと書き足したものを原文はそのままに返信して翌日解除されました。

三回目の今、困っています…。一回目とも二回目とも違うアカウントでアカウントロックになりました。一~三回目とも自動化動作によるBAN(アカウントロック・カウント停止)です。

スポンサーリンク

Twitterは2019年4月頃から自動化動作によるアカウントロックという規制が厳しくなっている

私は全て手動でやっていて、自動化動作はしていません。

しかし今年の四月くらいから規制が厳しくなったみたいです。

三回目のBANは、自業自得といったら自業自得なのですが

ツイートを利用した大手サイトのキャンペーンに参加したらアカウントロックになりました。

参加したのは怪しいサイトではなく誰でも知っているような大手サイトのキャンペーンで

同じ内容、同じURLを複数回ツイートするようなことはしていないのですが

短時間にたくさんのツイートをしてしまったことが、自動化動作とみなされてしまったのかもしれません。全部手動で、自動化動作はしていないんだけどな…。

最近のツイッターの取り締まりの厳しさはわかっていたので、やめとけば良かったのにツイッターを使うようなキャンペーンに参加してしまった自分に落ち度があると思います。

別のアカウントがBANになった時は、すぐに(ツイッターからのメールに返信してから6時間くらいで)解除されたので、万一ロックされても大丈夫だろうって思っていたのもあります。

Twitterからのメールに返信しても音沙汰なくアカウントロックを解除してもらえない

三回目のアカウントロックも、二回目の時と同じようにヘルプのアカウントロックや凍結の項目からお問い合わせをしたら、すぐにツイッターからのメールが届き、二回目のアカウントロックを解除出来た時と同じ内容(アカウントロックを解除してくださいというような内容)を文頭に書き足して返信しても何の音沙汰もなし。

二回目のアカウントロックの時はTwitterからのメールに返信後、6時間で解除されたのですが、三回目のは24時間以上経っても音沙汰なし。

二回目のアカウントロックはアカウント作成直後のBANでした、その時は一度もTwitterアカウントを作成したことのないIPアドレス&端末でアカウント停止になったので、複数アカウント所持などは関係ないと思います、自己紹介文がありきたりすぎて量産型アカウントとみなされてBANになったんじゃないのかなって思っています。

三回目は新しく作ったTwitterアカウントではなくて、しばらく使っていたアカウントでした。今まで問題なく使えていたのですが、たくさんツイートしていたらアカウントロックになったので一回目や二回目とはアカウントロックされた原因が違うのかもしれません。

Yahoo!のセーフティアドレスでTwitterアカウント登録をしたことが、問題を更に厄介に

三回目にアカウントロックされたアカウントは私の中では優先度が低いこともあって、Yahoo!のセーフティアドレスでアカウント登録していました。

セーフティアドレスとは1つのYahoo!IDで10個までサブアドレスを持つことが出来る機能です。

通常のYahoo!メールアドレスは*****@yahoo~となりますが

セーフティアドレスは強制的にハイフンが入り*****-*****@yahoo~となります。

ただでさえアカウントロックになった原因がはっきりとわからないところをセーフティアドレスも関係しているのかもしれないところがまた面倒くさい。

Yahoo!のセーフティアドレス自体は便利な機能です。しかし何かあった時のことを考えるとTwitterのアカウント登録には向いていなかったのかもしれません。

今までとは違う理由でアカウントロックになったからTwitterから返信がないのかもしれないし、セーフティアドレスだから返信が来ないのかもしれない、どっちなのかわからないし、それらが関係しているのかどうかもわからない。

最初はTwitterアカウントに登録していたYahoo!メールのセーフティアドレスでTwitterにお問い合わせをしました、それに対して「あなたは自動化動作でアカウントロックになりました」というような内容の返事は来ました、しかしそのメールに返信した後は音沙汰がないので「もしかしたらアドレスにハイフンが入っていたり、Yahoo!セーフティアドレスからTwitterにメールを送信しても、はじかれる設定になっていて届いていないんじゃないのかな」と思って、別のYahoo!IDのセーフティアドレスではないYahoo!メールアドレスを使って、もう一度お問い合わせしたら

この問題に関連して未解決の報告があります。 新しいサポートリクエストを提出する前に未解決のサポートリクエストを完了してください。

というような内容のメールがTwitterから届いて、1回目のお問い合わせ(セーフティアドレスを入力したお問い合わせ)を解決しないと、お問い合わせ出来ないようです。

セーフティアドレスでもお問い合わせへの自動返信は来ます、それはTwitter側が送信して、こちらは受信するだけだからだと思います。しかし、アカウントロック解除にはTwitterから来たメールへの返信が必要になり、セーフティアドレスでTwitterにメールを送信することがもしかして、Yahoo!メールのセーフティアドレスやGoogleのメール、Gmail のエイリアスアドレスのような1つのアカウントで量産出来るようなメールアドレスは受信拒否設定になっていて届いていないんじゃないのかなあという可能性を考えています。

セーフティアドレスでTwitterアカウントを取得出来るのも、よく考えてみるとメール受信しかしていなくて、セーフティアドレスからTwitter側に送信したことはありませんよね。受信は出来るけど、送信は出来ないという可能性はあるんじゃないのかなって思います。

Yahoo!メールのセーフティアドレスには必ずハイフン(-)が入り、セーフティアドレスではない普通のYahoo!メールアドレスではハイフンが使えません。同じようにGmailのエイリアスメールにはピリオド、ドット(.)やプラス(+)という記号が入ります。メールアドレスにハイフンやドットが入っているだけでTwitterから返信が来ない仕様であれば既に正常に機能しない人たくさんいるはずでとっくに問題になっていると思うので多分メールアドレスに記号が入っていること自体がいけないのではなくて、Yahoo!メールアドレスでハイフンが入っている、Gmailアドレスでドットやプラスが入っているというメールアドレスだと、はじかれている可能性があると思っています。

他に所持しているTwitterアカウントもアカウントロックになるリスクが怖い

アカウントロックになったアカウントのみの停止なら私にとってはあまり困らないのですが、同じIPアドレスで使っていた他のTwitterアカウントも停止になるかもしれないという情報があります。

やましい目的で利用したことなんてないし

Twitterとは、ツイートを消されない・アカウントを消されないことを前提に利用しています。

ある日突然今までツイートしてきたものが全部消されたら困るアカウントもあります。

また別の話になりますが、Instagramはもしもアカウント停止になったらそれを解除するのに自分の顔写真が必要になるという情報があります、まだインスタグラムはBANになったことがないので実際はどうなのかはわからないけど。

インスタは規制が厳しくないと言われていたけど最近ではインスタも規制されることがあるようになってきたようで、いづれTwitterの厳しい規制みたいになっていく可能性もあるんじゃないのかなあと思っています。

海外のサービスは疲れますね。何かあったらよくわからない定型文が届いて、自分で調べて、このように書けばクリア出来るというテンプレを探してきて、その通りに書かないといけません。

日本のサイトにお問い合わせした時は、普段喋るように普通の日本語で会話することが出来て、すごく安心できました。そのサイトは無料で利用しているのに、とても迅速丁寧な対応でした。

海外のサービスは、よくわからない理由でアカウント停止になって、それを解除出来なかった時は諦めるしかありません。普段から良くない表現はしないように気をつけてサービスを利用しているのに、そこをさらにbotに機械で感知されて疑いをかけられないように気をつけながら利用しなきゃいけない。良くない利用の仕方をしていないとしてもbotのNGワードにひっかかったらBANになってしまうリスクもあるのです。

本社が海外の、誰でも知っている某大型通販サイトも何も悪いことをしていないのにBANになってアカウント停止を解除するのに何ヵ月もかかって以来、利用するのをやめました。

SNSの利用をやめようと思っている今

SNSからは離れようと思っています。怯えるように利用してもつまらないので。

暴言や良くないビジネスなど、何か悪さしたなら規制する必要はあるけど

ただ趣味に使って、さしあたりない内容しか書いていない一般人がなぜ怯えるように利用しなくてはいけないのでしょうか。法律に違反しないことは前提に、SNSとは、もっと気軽に自由な表現で使えるものであるべきではないでしょうか。

何年もコツコツと書いてきたものをある日突然、謂れのない理由で全部削除されるリスクがあるのなら、最初から利用しなければ嫌な思いをしなくて済むと思っています。相手を変えようとするのではなく、需要に合わないのなら関わらないという方法が現実的だと思うので。

SNSの力がないと無名の一般人は交流することも見てもらうことも厳しいものだと思います、それでも、Google検索等から来てくれた見たい人にだけに見てもらえたらSNSは利用しなくてもいいかなって思っています。

将来、日本のサービスから普及するSNSが登場したらいいなあと思います。

SNSとは、ユーザー数がたくさんいてみんなが使うように普及しなきゃSNSとして機能しないのでそこもまた難しいのかな。

Twitterのアカウントロックに関しては、もしも解除出来たらこの記事に追記します。

でも、もう疲れたし(苦笑)

他のアカウントが連鎖凍結になったら困るので、一週間待っても解除されないなら、もう面倒くさいから電話番号認証使って解除して、その後にアカウントを削除しようかなって思っています。

電話番号認証はまだ一回しか使っていないから、一つの携帯電話番号で何回まで有効なのかはわかりませんが、もう一回くらいは通るはずだと思っています。

アカウントロックを解除した後は極力Twitterの利用は控えようと思う、現時点ではTwitterと連携して使うサービスが多くて今すぐ完全にやめるのは無理だけど極力避けていこうと思う。ある日突然停止になったら困るからそうなる前に利用をやめていこうと思うんだよね。

アカウントを作るにも、ツイートするにもアカウントロックのリスクが伴うのであれば疲れるからもういいやって思います。

結果的にはYahoo!のセーフティアドレスからの返信でも解除出来た

2019年6月19日追記です。

以前違うアカウントがロックされた時はセーフティアドレスではない普通のアドレスから申請して4時間で解除された、また別のアカウントがロックされた今回はYahoo!のセーフティアドレスから解除申請をしたら1日2日経っても音沙汰がない、

それでセーフティアドレスだから駄目なのかなって思ったけど、そのまま放置していたらアカウントロックが解除されたというメールがTwitterから届いて、以前通りTwitterが使えるようになっていました。

Twitterのお問い合わせから解除申請→自動返信で届いたメールにロックを解除してくれという旨を返信→4日後にアカウントロックが解除された旨のメールが来た、という流れです。

異議申し立て後のメール返信はYahoo!のセーフティアドレスからでも大丈夫みたいです。

又、これはやってみていないから確信は持てないのですが、Twitterのお問い合わせから異議申し立て→メールの返信をしない・もしくは返信内容が通用しなかった時に、10日間のような長期の時間を放置すると、そのお問い合わせの件はTwitter側に閉じられて、その件についてお問い合わせする際は、もう一度Twitterのヘルプ・お問い合わせから申請することが必要なようです。

逆にこれを利用して、もしもTwitterにお問い合わせした際に無効なアドレスを書いてしまった・異議申し立て後メール返信もしたのに申請が通らない等の場合、2週間くらい放置してからまたTwitterのお問い合わせから始めれば良いのかもしれません。

同じ件ですぐにまた同じ件でお問い合わせをすると、前の問題を解決してからじゃないと問い合わせ出来ないよというような内容の自動返信が来ます。それが、10日のような長時間待てば、その件は自動的に閉じられるので同じ件でまた問い合わせ出来るようなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました