迷惑メールは明らかに日本語がおかしいから騙されずに済むけど

日用品の通販など、ごく普通のサイトにしか登録していないのに

ある日突然、ぶわーっと大量に迷惑メールが届くようになって

やがて鎮火して、またぶわーっと迷惑メールが届くようになることを繰り返します。

そういう時、大量に迷惑メールが来るようになった直前にどこかから個人情報が流出した可能性もあると思います。

必ずしもこのケースとは限りませんが、今まで、迷惑メールがあったメールアドレスを流出させてしまった企業から個人情報流出のお知らせが届いたことが何度かありました。流出したすぐ後に大量の迷惑メールが来るのです。

今のところ迷惑メールが届いても特に気にしていませんし、余裕です。

なぜならタイトルの時点で日本語がおかしいから。

迷惑メールであることがバレることを前提にやっているの?って感じるくらい、日本語がおかしい。メールヘッダーを見て発信元IPをチェックしても日本ではないどこかの国から送信されています。

○○万円がなんたらとか、医者を名乗って「会いませんか」とか、全く見ず知らずの一般庶民の私に○○万とか、くれるわけがないでしょう(笑)

でも、ふと考えると

もしも、きちんと日本語が出来る存在が迷惑メールを作ってしまったらどうだろうか…という心配はあります。

スポンサーリンク

もしも、まともな日本語で迷惑メールを送信されたら

今のところ、なげやりな日本語のメールだから回避できていますが、

通販やキャンペーンを利用していると、やがて色んなメールが届くようになるので、そこに完璧な日本語で迷惑メールが紛れていたら騙されてしまう可能性はあると思います。

メチャクチャな文字列のドメインから、変な日本語のメールを送ってくるから、一瞬で迷惑メールであることがわかるので、迷惑メール報告やゴミ箱行きにするだけで済んでいるのですか

お店の名前っぽいドメインで、まともな日本語で送信してこられたら

「過去に買い物したどこかのお店からかも?」って思ってしまうかもしれません。

日本のレンタルサーバーやドメイン取得サイトは、おそらく、大量に通報が来たらストップするでしょう。しかし、レンタルサーバーやドメイン取得サイトは世界中にたくさんあるはずで、全ての国で、迷惑メールや悪質な行為について対処してくれるのかはわかりません。

実際、最近届くようになった迷惑メールはもう何日も続いています。

迷惑メールには時期や特徴や種類があって、だいたい同じグループが送信しているんだろうなってわかります。タイトルや差出人の名前や本文が似たような感じなので。

今来ている迷惑メールはまだ取り締まられていないから迷惑メールを送信することが出来ているのだと思います。レンタルサーバーやドメイン取得サイトが止めてくれたらいいのに…と思うのですが。規制してくれるのかどうか、世界のことまではわかりません。

例えば、Yahoo!のフリーメールではメールタイトルの横にYahoo!、楽天など大手のサイトにはブランドロゴが表示されるようになりました、これにより、誰でも知っているような大手サイトのなりすましは通用しづらくなると思います。しかし、個人のお店や、大企業ほどは大きくない会社の通販やサイトに関しては、ブラントロゴは表示されません。

メールという世界全体で、迷惑メールを送信出来ないように何か対策をしてくれないと、

いつか「完璧な日本語を喋る、まともそうなドメインの迷惑メール」に騙されてしまう日が来てしまう危険があると思います。変なサイトをやっていなくても、通販やサイト登録をしていくうちに迷惑メールは届くようになってしまうものなので、登録するサイトを厳選したつもりでも防御策にはなっていないように思います。大手からだって漏れるときは漏れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました