肌色の肌

昔は、常に顔が赤くて

ファンデーションなしで外出するなんて

休日でも、ちょっとそこまででも無理だった。

 

その当時は、なんで顔が赤いのかわからなくて

私はこういう肌だから仕方ないものくらいに

思っていたけど

今思うと、

軽いアレルギーだったのかなあって思う。

 

化粧をしはじめてからちょっと経って、

メイクに慣れてきた

19歳前後の時って

(私だけかもしれないけど)

同じ、「一番明るいファンデーション」でも

スポンサーリンク

メーカーさんによっては

黄色っぽい色出しとか、ピンクっぽい色出しとかあって

それで色や仕上がりで、

このファンデーションでなきゃダメ!っていう

こだわりがあって ^^;

 

仕上がりは、すごくお気に入りだったんだけど

肌には合わない化粧品を使い続けていたのかなって

振り返ると思う。

 

今は10代の頃のように毎日全力ではメイクしないこともあり

顔の肌は赤くなく、肌色です。

 

昔は、下地にファンデーションにパウダーが必須って

感じだったけど

今は、BBクリームにパウダーで充分って思う。

10代の頃は、10代の頃なりの、

一瞬でも精一杯メイクしてたい、みたいなのが

あったなあって思う。

 

今だと、あっもう時間ないから

日焼け止めとパウダーだけでいいやとか (笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました