素人に最強の照明

上級者さん向けの記事ではなく

私のように素人、凡人が

金をかけず写真を綺麗に撮る方法です、

ご了承ください。

 

カメラは家庭用のデジカメとして

ごく普通のものを使っています。

事務的に撮れたらそれでいいって需要のカメラよりは

家庭で楽しむレベルには写真を撮れるけど

写真を趣味とする人が使うクラスではないっていう

ポジションのカメラ。

 

そして照明は、蛍光灯か自然光しかなく

撮影するための照明は持っていないので

室内で対象物を撮るようなシーンで

どうしても写真が暗い。

 

充分に外は明るくても暗く映るし

蛍光灯を2個つけても暗い。

これが素人撮影の限界だと思う。

 

かといって照明や撮影ブーストを買うほどは、

そんなに写真をやるわけでもなく。

出来れば綺麗に撮りたいけど

特に写真に特化したいわけでもないんだ、という需要で

カメラ以外の道具を用意するつもりはなく。

 

そこで何も道具を用意せず写真を明るく綺麗に撮る方法は

午前中に思いっきり日光を当てて写真を撮る。

午前中なら室内まで日光の光が入り込んでくるので

室内に入り込んできた光ゾーンに

撮りたい対象物をセットして

写真を撮ります。

 

これが

何も道具を使わずに

素人が

出来る限り明るく映す方法だと思う。

スポンサーリンク

撮影ブーストやLEDライトを使った、

プロみたいな洗練された写真とは違うけど

オレンジ色っぽい温かみがあって

素人が出来るだけ明るく綺麗に映す方法としては

午前中の日光は最強の照明だと思う。

 

ベランダなど屋外に出れば

13時くらいまでなら

日光を思いっきり浴びせた写真が撮れると思うけど

外は風や塵の影響を受けるから

室内で撮るんだったら

室内まで日光が入ってくるのは

10~12時くらいまでが限界だと思う。

 

撮った後に暗い写真を

画像編集で明るくすることも出来るけど

それだとどうしても白く潰れちゃう部分が出てきてしまうので

出来れば最初から明るく映したい。

 

日光を思いっきりあてれば

充分に明るい写真が撮れます。

難点は日光の元で写真を撮っていると目がくらんで

明るすぎて撮影時に確認するカメラの画面もよく見えないし

カメラの画面をろくに確認しないで

撮ってから確認するところかな^^;

撮影時の確認はイマイチ出来ないんだけど

撮った後に確認すれば、ちゃんと映っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました