絵や字を綺麗に描くにはグリッド線が鍵!?

芸術とか、上級者とか、そういうレベルでの話ではなくて

普通に綺麗に、

初心者レベルに綺麗に

絵や字を綺麗に書く方法として

グリッド線を使うことが鍵なのかもって、

 

前の記事と、前の前の記事に書いたけど

最近、3DSソフトで字や絵の練習をしていて思った。

 

字でいうところのマスの真ん中に

縦横に点線がひいてあるようなマス、

 

絵でいうところのグリッド線。

 

例えば、写真をPCに取り込んで、グリッド線を

上からひいたものを用意して、

白紙のグリッド線のみのものを用意して、

写真と、白紙と、同じ比率でグリッド線をひいたものを用意すると

描きたい対象物を点で、グリッド線に目印をつけて

点と点とつなげていく感じで。

普通に綺麗、っていうレベルなら

誰でも模写出来ると思う。

 

スポンサーリンク

字が綺麗な人って、

字が綺麗なことも、もちろん尊敬するけど

均等に描けることが不思議だった。

字が下手な私は、

あいうえおって書くとしたら、

あ が 大きくて お が なんか小さくて

アンバランス、みたいなことをしてしまうし、

欄に収まるように書けなかったりする。

 

絵にグリッド線を使うことと同じことが

字にもあるのかなあと思った。

 

日本語の文字が綺麗な人は、

アルファベットも綺麗に書くことを

不思議に思っていたんだけど

もしかしたら、

このくらいにスペースに、このように収めるっていうバランス感覚や

文字を模写する感覚を持っているからなのかもしれない。

私は、字が汚いから、真相はわからないけど。

 

絵と字をセットで練習・勉強するのも、いいかもしれないって思った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました