海外製の生ハムは私には合わなかった

全ての海外製の生ハムに言っているわけではなくて

あくまで私が買った1商品の話ね。

 

普通のスーパーのハムのコーナーにあった

海外製の生ハムを買ってみた、

海外製の生ハムって

量もそれなりに多いから妥当ではあるけど

500円~1000円くらいのものが多くて、

そんな中、少量で300円程度の

海外製の生ハムを見つけて買ってみた。

 

本当にこだわりある人にはどうなのかはわからないけど

一般庶民の私には、日本のメーカーのものは

クセもなく、やわらかく、みずみずしく食べやすいと思う。

だけどたいてい「ぶどう糖」が入っているので

もっとシンプルな成分のものを求めたのが

海外製の生ハムを買ってみた理由。

海外製の生ハムも添加物は入っているけど

味つけに砂糖やぶどう糖の入っていない、

食塩で味つけしたシンプルなものを見つけられるので。

 

買って帰って食べてみた感想、

私には合わなかった^^;

 

お肉は乾燥してパサパサでクセもあって

旨みもあんまり感じなくて、

こんなもんなのかな、、、

スポンサーリンク

日本メーカーから出ている

ジューシーな「生」って感じの生ハムに慣れている私には

おいしいと思わなかった。

海外製のは「生」というよりは

干したもの、燻製、ドライっていう感じだったと思う。

 

私は生ハムに詳しいわけではなく

本場の味もわからないので

庶民の私個人の感想です。

 

何を買うにしてもそうだけど

本場のモノよりも

日本の大手メーカーから発売されているもののほうが

「食べやすさ」としては間違いないと思う。

 

ちょっと変わった料理にハマって

じゃあ本場の国で製造されたモノを、って買ってみると

特に風味が日本人には合わなくて

失敗することが多かったです。

 

日本人向けにアレンジして日本メーカーから発売されているものが

失敗なくて無難だと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました