赤みと乾燥の原因はアレルギーだったと思う

今はスキンケアの後は

BBクリームやリキッドファンデーションを塗って

軽くフェイスパウダーをつけるくらいで

外出しちゃうけど

学生時代のほうが

いつも、しっかりしたフルメイクでいたかったし

ファンデーションやアイシャドウなどの化粧品も

そこそこ高価なものを使っていました。

学生時代の時は

化粧下地→パウダーファンデーション→更にフェイスパウダー、みたいな

ステップを飛ばさないメイクじゃないとなんか嫌だった^^;

そして、メイクを落とした時はいつも

すっぴんじゃ外に出られないくらい顔が赤くて常に乾燥していた。

その時は私はこういう肌なんだと思っていた。

すっぴんで学校来て、休み時間にメイクしている人とか見ると

どうしてそう出来るのか不思議だった^^;

本当に赤みが酷くて、まずすっぴんで外に出れないし、

家で充分に保湿しないとファンデーションがのらないから

外出先でメイクなんて私には絶対に無理って思っていた。

 

いつの間にか、BBクリームと、お粉で満足になって

化粧下地とファンデーションとお粉、みたいな

しっかりメイクはしなくなった。

そして、すっぴんも

赤みのない肌色の肌になっていることに気づいた。

スポンサーリンク

学生時代は本当にメイク崩れをしたくなくて

崩れないことを謳うファンデーションを常に使っていたから

化粧下地も含めて、私には刺激が強かったのかなって思う、

何か私に合わない成分が入っていたんだと思う。

 

私の場合は

化粧品が軽く合わない時は乾燥を感じて

強く合わない時は

赤み→ヒリヒリ→浸出液→火傷みたいになります。

 

二十歳前後の時はそういうの全くわからなかったけど

当時使っていた化粧品が合わなかったんだよね、多分。

仕上がりはピンク系のファンデーションで非常に崩れにくくて

すごく好きだったんだけどね^^;

 

どの成分が良い悪いではなくて

肌に合うか合わないか、

自分がアレルギーを持っている成分が入っていないことが

全てだと思うから、トラブルを起こさないという意味では。

 

色んなメーカーさんからたくさんのファンデーションや

メイクアップ化粧品が出ているので

自分に合ったモノを探していけば良いと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました