ビューラーはドライヤーで温めてる

まつ毛をあげるために、

まつ毛を挟んでカールをつけるために使うビューラー。

私の直毛まつ毛は、

ビューラーで挟んだだけではカールがつかないのです。

 

そこで私は、ビューラーをドライヤーで温めて使っています。

 

ライターを使う方法も、そこそこ有名(?)かもしれないけど

ゴムが溶けそうで、そして火そのものだから危ないように感じて

私はドライヤーの熱で、手でも触れる程度の熱さに温めてから

ビューラーを使っています。

ドライヤーで温めて、熱すぎないか手で熱さを確認した後、

更に頬で、熱すぎないか大丈夫なことを確認してから

目元に使っています。

 

こうやると一度作ったまつ毛のカールが、

メイクを落とす時まで持つので

スポンサーリンク

私の中では必須。

 

マスカラみたいなブラシを電気で温める、

ホットビューラーもあるんだけど

直毛まつ毛の私にとってあれは

普通のビューラーで作ったカールの、お直しに使うもので

あれ自体で普通のビューラーみたいにまつ毛はあがらない。

今はいいものがたくさんあるから、今のはわからないけど。

 

あと、ホットビューラーも、マスカラのブラシみたいな形じゃなくて

普通のビューラーの、挟む時に温かくなる形のものもあったと思うけど

私はそっちのタイプは、あんまり興味が出ない。

普通のビューラーをドライヤーで温めたカールで満足しているから。

 

私は、

普通のビューラーをドライヤーで温めて、まずまつ毛を持ち上げて

ある程度のカールをつけてから、

マスカラのブラシみたいなタイプのホットビューラーで

まつ毛の端っこあたりの、カールがつきにくい部分を修正してます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました