フューチャーフォンだと思ってた笑

スマホ時代の前の携帯、

ガラパゴス携帯、ガラケーって呼ぶのはよく見かけるけど

ガラケーのもうひとつの呼び方、

フィーチャーフォンのことを

フューチャーフォンだと思ってた(笑

 

なんで今より古いものを、未来って意味のフューチャーって呼ぶのかなあと不思議に思いつつも、

そういうものなのかな?と思ってあまり気にも留めなかったのと、

ガラケーって言葉の方が聞き慣れていて、フィーチャーフォンという言葉にあまり興味がなかった。

 

なんとなく、そういえば

フューチャーフォンって

スポンサーリンク

なんでフューチャーフォンって言うんだろう

と思って

インターネットで検索してみて、

あっ、フューチャーフォンじゃなく

フィーチャーフォンなんだって気づいた。

英語でfeatureと書いてfeature phoneらしい。

意味は特徴、特色みたいな意味で

電話のみの携帯と比べて

カメラとか

ガラケー時代のネットとか

着メロとか

電話以外の機能も色々ある携帯電話を、

フィーチャーフォンと呼び、

いわゆるガラケーのことを指すらしい。

 

futureではなくfeatureでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました